メソッドでは画像認識システムの開発では顧客とじっくりヒアリングを行っています。

株式会社メソッドの画像認識システム開発

画像認識システムは、画像で得た情報から様々なロジックを作成して、そこに合致した物を認識させます。
バーコードQRコードなどは簡単に開発できますが、顔認識システムなど細かい個性まで読み取らない物は非常に難しい技術が必要です。

 

株式会社メソッドの例を含めて画像認識システムの開発について解説します。

 

メソッドはヒアリングや提案に強い

 

顧客とヒアリングを行う男性

 

株式会社メソッドに画像認識システムの作成を依頼した場合、すぐに顧客の要望に合わせて開発に着手をするのではなく、まずは顧客のヒアリングを行い、本当に実用的なシステムになるように提案します。
ただ、言われたとおりのシステムを作るのではなく、実用性が高く利益やコスト削減に繋がるクライアントにとって価値のある物を提供するのが代表の石崎雄一氏が掲げるコンセプトでもあります。

 

解析ツールの作成

画像認識システムを作るためには、まずは認識させる情報を照合させる解析ツールを作らないといけません。
例えば顔認識システムであれば、目や顔のパーツの位置関係を写真から解析して数値化させます。
そして、解析ツールで得たデータをベースに画像認識システムのロジックに組み合わせる流れになります。

 

画像認識システムの開発

画像認識システムは昔からある歴史が古いサービスで、単調なものから最先端の技術を組み込んだものまで幅広い既存システムがあります。
どの画像認識システムも仕組み自体は簡単で解析ツールやあらかじめ入力したロジックと画像を照会して組み合わせていくだけです。

 

あとは、作業時間や手間、効率的なデータ整理などをする事で精度に差が出ていきます。
株式会社メソッドに依頼した場合、求める機能性や精度、予算に応じて顧客に合わせた最適なシステムをオーダーメイド形式で作ってくれます。

 

既存システムの応用や連動

オーダーメイドでシステムを作ると費用が大きくなると思われがちですが、株式会社メソッドのように様々な既存システムの基盤がある業者に依頼すれば、
システムの応用や連動をする事で効率的に安く実用性がある画像認識システムを作れます。

 

メソッドはシステム開発をはじめ、保守、メンテナンスにも強いので、他社から導入したシステムとの連動などにも柔軟に対応してくれます。