画像認識システムが普及することにより、将来の生活環境に変化があるかもしれません。

画像認識システムの将来への影響

画像認識システムはスマートフォンの普及や認識ソフトの向上によって、今後ますます発展していく将来性が高い注目システムです。
将来の画像認識システムについて考えてみました。

 

言動や表情まで認識可能に

 

現在の画像認識システムの最先端は顔認証機能で、顧客管理従業員管理などに活用されています。これは事前に登録した方の顔のパーツなどで整合を図るものです。

 

顔の情報が読み取れる画像認識システム

 

今後はさらに進化して、人間の身体の動かし方から、歩いているのか、小走りで走ったり慌てた行動を取っているのかを認識できるようになるでしょう。

 

さらに人の表情から喜怒哀楽まで読み取って適切な声かけ管理をする事が考えられます。
このように、人の挙動や表情まで識別できるようになれば、学校や工場など多くの人が団体で行動する場所で、画像認識システムによって、サボっている人や頑張っている人を監視して管理するようになるかもしれません。

 

今後は、人は常に機械のもとで管理されてズルやインチキが一切できない世の中になるかもしれません。

 

 

画像認識システムの普及で雇用が減少!?

 

画像認識システムの普及で雇用が減る可能性を考える女性

画像認識システムが進化すると、現在人の手で行っている業務や作業が機械化されていく可能性があります。

 

例えば会議の議事録作成は手書きの文章やホワイトボードの内容を記録して議事録を作るのではなく、画像を撮るだけで全て自動でデータ化されるようになるでしょう。

 

人や車の交通量調査や、顧客管理、分析なども全て画像認識システムで自動化されればコストもかからないですし、分析や解析の精度も上がります。
写真やアルバムなどの編集も、今後は人工知能を搭載した画像認識システムで、写真を読み込むだけでセンスのよい編集や、写っている人や場所ごとに自動でフォルダ分けされる事が予想されます。

 

このように、あらゆる場面で画像認識システムが活躍する場所が広がると、現在人の手でアナログ作業をしていた事を全て機械がやるようになります。
そうなると、毎月多額の人件費がかかる人の雇用が減少する事も懸念されています。

 

 

スマホの文字入力が減る

 

スマートフォンさえあれば、何も不自由なく情報を仕入れられると思っている人も多いのではないでしょうか?

 

現在、スマートフォンの活用方法といえば、何かあった時にWEBプラウザやアプリを活用して文章を入力して検索をかけます。
しかし、今後はカメラに連動して、気になる情報をクリックしたり音声認識との併用で、文字入力しなくても求めている情報を即座にキャッチできるようになるかもしれません。

 

最近ではスマホやパソコンの普及で、手書きで文字を書く事が少なくなってきましたが、画像認識システムが進化すれば、キーボードなどで文字入力する行為自体が減っていくかもしれません。