株式会社メソッドでも注目している画像認識システムについてまとめました。

画像認識システムの活用法

 

画像認識システムのひとつのQRコード

 

株式会社メソッドをはじめ、今IT業界で注目を集めているのが画像認識システムです。
画像認識システムはコンピューターによる自動監視や情報処理において、写し出された画像や文章を解析するシステムです。

 

画像認識システムでできること

 

・手書きの文字を解析してコンピューターのワードなどにデータに変換する
・来店客の顔を防犯カメラで解析して、すぐに登録してある顧客データを表示させる
・バーコードリーダー(QRコードなど)
・スパム判別をする
・画像をジャンルごとに自動でフォルダ分けする
・その場で写し出されたものをすぐにネット検索する

 

これらはあくまでも一例で、このほかにも幅広い活用方法があります。

 

バーコード読み取りQRコードのように、既に普及しているものから、現在アナログで作業しているデータ処理を入力や検索不要で全てシステムが処理してくれる夢のような近未来のシステムなど幅広い応用方法があります。
もっと初歩的な例を挙げると指紋認証システムやバーコードも画像認識システムのひとつで非常に歴史が古いサービスです。

 

近年では、ここにきて一気に進化が加速して各社実用性が高い最新の画像認識システムを積極的に投資して開発に力を入れています。
画像認識システムの活用例はさらに詳しく「07_画像認識システム活用の場・具体例」のページで紹介しています。

 

画像認識システムの仕組み

画像認識システムはあらかじめシステムにロジックを入力して、それを元に画像を解析します。
指紋認証QRコードバーコードのように棒の太さや形、間隔によって判断する短調なものから、人の顔の特徴を捉えた顔認証システムなど求める機能によって仕組みやコストが若干違ってきます。

 

簡単な例を出すと、写真やカメラの映像を画像認識システムにかける時に、あらかじめ背景の明るさが大きい場合は昼、暗い場合は屋内など明るさごとに昼、夜、その他(室内)に分類するシステムは比較的簡単に作れます。
そこから、人が何人いるかや写真に写っている人の顔や周辺の建物や施設から、詳しい情報を算出できるようにするには複雑なロジックが必要です。

 

現在はIT業界全体で画像認識システムの精度を競い合っています。

 

株式会社メソッドも、現在力を入れて開発をしていて、これまでも画期的なシステムを多数作ってきた会社だからこそ、画像認識システムも他社を上回る性能で出してくるのではないかと期待と注目を集めています。