風評被害対策や顔認証システムなど、画像認識システムの用途をまとめました。

画像認識システムの活用法

 

スマホで画像認識システムを活用したアプリを使う男性

 

画像認識システムは様々な業種や用途で活躍しています。
具体的な実用例活用例をまとめました。

 

風評被害対策

SNSなどで会社やサービスの悪評を書き込まれると多大な営業損失が発生する場合があります。
企業は、自社に関連した書き込みがSNSを通じてネットに出回っていないか監視をして対策を取る事が求められます。
画像認識システムを導入すれば、文章だけではなく、スタッフの顔写真や会社の施設の風景の画像が投稿された場合もいち早く情報をキャッチして対策を取れます。

 

アプリによる検索やデータ管理

近年では画像認識システムを活用したスマホアプリが増えています。
商品のバーコードを識別して、その商品の最安値を検索したり、カメラ撮影で写っている物を認識して、検索や加工を自動で行ってくれるものなど幅広い活用例があります。
手書きのメモをデータに落とすなどビジネスシーンでも役立つアプリも増えていて、今後もますます画像認識システムとスマホの関連性は強くなっていく事が予想されます。

 

 

 

顔認識システム

画像認識システムの最先端と言えるのが顔認識システムです。
登録した顧客の情報と照合させて、来店した客の情報をいち早く把握する事で、おもてなしの向上に繋がります。

 

ほかにも企業のIDパスを廃止して、出入り口に設置した顔認識システムで従業員の出入りは出勤、退勤の管理、部外者の進入防止を行っている企業もあります。
こうした既存の認証データとの照合だけではなく、来店した新規顧客を年齢や性別、体型などを解析してデータ化する事で、顧客データの収集を行うシステムも大型商業施設などで普及しています。

 

顔認識システムを応用すれば、万引き犯の検挙など防犯対策にも一役を買ってくれます。

 

人工知能での活用

近年では、接客ロボットをはじめ人工知能を持ったロボットも活躍の場を広げています。

 

現在主流の人工知能ロボットは、ロボットが持ったタッチパネル付きの液晶画面での操作音声を認識して受け応えをしています。
ここに高精度の画像認識システムが加わり人工知能と連動できれば、本当に人と接しているように見たものに対して発言や行動を取れる人間のようなロボットが登場するでしょう。

 

ドラえもんのようなロボットが現れる日も、そう遠くはないかもしれません。